FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新記事
プロフィール

hiro

Author : hiro
夫+犬の二人三匹暮らし。大分県在住。
犬、ガーデニング、バラ、写真、
大人から習い始めたピアノのことなどをつづる全部入りblog
コメント歓迎(*´∀`*)FBでも近況up中☆

もふ x 3
うに
うに
Mダックス Red ♂(去勢済)5.1キロ
賢いけど、ちょっとネクラ(笑)
もふ隊を強力に束ねるこわ~い兄貴分。
2002年3月17日大分市生まれの13才。
'13年5月 免疫介在性溶血性貧血発症
'13年6月 巨大食道症発症

みかん
みかん
Mダックス Red ♂ 6.1キロ
レトリーブ、水泳大好きのタフガイ。
2003年4月14日大分市生まれ。
うにのハトコで渋みが微塵もない12才。
'09年10月 進行性網膜萎縮症発症
'13年 8月 椎間板ヘルニア発症

はっさく
はっさく
Mダックス Black & tan ♂ 7.2キロ
飛び出すと戻って来ない弾丸ボーイ。
庭荒らしの常習犯w
2009年7月18日福岡市生まれ。
若さ爆発な5才。
カテゴリ
過去log.
検索フォーム
リンク * IMHAと闘うおともだち
リンク * わんこ
リンク * ガーデニング
リンク * ピアノ
my favorite sites
  • DOG COMMUNE*(犬雑貨)
  • bee+bee(犬雑貨)
  • Happiness*Dog(犬雑貨)
  • 小邦寡民(café@大分)
  • しあわせなしっぽ
    (ボランティア団体@大分)
  • Fragrance World
    (有島先生のバラブログ)
  • -バラと暮らす日々-
    (キムタクてんちょのバラブログ)
  • バラの庭づくり oakenbucket
    (オークンバケットさんのバラブログ)
  • KRess Room(KYOさんのEU情報)
  • gremz☆5本目
    ひっそりとランキングに参加ちう
    気が向いたら応援ぽちください(^O^)ノ
    にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

    にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ



    タグ

    たまにはレッスン記♪

    ふっふっふっ

    ついにシューマン・サンタクロースのおじいさん(Op.68-2)と
    ツェルニーマズルカ(Op.823-69)卒業しました~ヤッター!

    マズルカもサンタクロースもなんだかやたら楽しくって。
    (とか言いながら平気で1週間練習しなかったりだったけどw)
    もう少ししてもいいかな~という気持ちではいたんだけど
    先生が今回はこれくらいでいいでしょう、特にサンタクロースは指定速度には達していなかったけど
    なかなか良かったよと言ってくださったんで、スッパリ気持ちよく次に行くことにしました♪

    ツェルニー・リトルピアニストは次の70番を飛ばして71番へ。
    そのあと72番ロンディーノも長いから飛ばそうかな~と先生。
    ということは!
    のこりはラスト73番。
    あと2曲でやっとリトルピアニストから卒業です!!
    (嬉しすぎて大興奮)
    「あと2曲くらいだと思っといていいよ~」とやや含みのある言い方をされましたがw
    残り4曲だと思っていたところ思いもかけずラストステージ間近となり
    ニヤニヤが止まりませーん

    ちなみにハノン20番はまた返り討ちに。
    難しいんだよー、なんでそんなに音が離れてるのー!
    あとちょっとなんだけど、なかなかOKもらえないです;

    シューマンが終わったんで、次は教則本に戻って
    ルクーペABCとプレインベンションの交互体制復活。
    前回ルクーペが終わったところで中断してたから
    今度はプレインベンション33番の番です。

    さぁっ、譜読みガンバロー! <無駄にテンション高いw

    「プライドと偏見」ピアノ曲

    ツイッターで散々つぶやいたので「またかw」な方はごめんなさい^^;

    数年ぶりに「プライドと偏見」を見たくなってレンタルしました。
    イギリスの女流作家、ジェーン・オースチン作
    恋愛小説の決定版とも言われる「高慢と偏見」のハリウッド映画版です。
    過去にもイギリスBBCがドラマ化したり
    インド・ボリウッドでも映画化されたり、長い間愛されてきた作品です。
    (ボリウッド版はちらっと特典映像で見ましたが…どうかと思う…笑)

    舞台は18世紀イギリス。
    伯爵家との姻戚関係もある莫大な資産を持つ大地主と
    僅かな持参金しか持たせてもらえないような普通地主の娘との話しを中心に
    ちょっと癖のある5人の娘たちの行く末ばかりが気になる母親と
    父親のそっけなさの対比も笑える家族の物語も一緒に綴られています。

    セットをほとんど使わずイギリスの古城のいくつかを使って撮影されており
    風光明媚な映像も見どころかな。
    壁面にそわせたつるバラの光景も美しくてステキな建物だなぁと思ったり。
    は~眼福、眼福☆

    楽曲はダリオ・マリアネッリ作曲、演奏は4大ピアニストとも
    ピアノ界の貴公子とも言われるジャン=イヴ・ティボーデ氏。
    それとイギリス室内管弦楽団が参加してます。

    私好みなピアノ曲で楽譜と原作小説をポチしてしまいました。
    ティボーデ氏の演奏ではありませんがうち3曲(多っw)を貼り付けておきます。
    古典が嫌いでない方、興味のあるかたはどうぞ映画をご覧くださいね♪

    【Liz On Top of the World 】


    【Dawn】


    こちらは18世紀当時の作風を意識して作ったものじゃないかな??
    詳細は分かりませんが古典ぽいので^^
    楽しげな感じが好きです。
    【Georgiana】

    Lesson#20100703

    ■ハノン18番 
    ■ツェルニー・リトルピアニスト68番 
    ■シューマン・サンタクロースのおじいさん 引き続き。

    ムフフ、前回に引き続きまたレッスン記upです。

    ハノンは段々ややこしーなってます。
    20100703_902.jpg
    何度も繰り返して行くうちに指は混乱
    オババの頭の体操やなーと思いつつ、何とか今回一発OKいただきました。
    ハノンもそろそろダラダラ2週間じゃ難しくなってきました。
    次回は魔の奇数番(混乱度高し)。ちょっと気持ちがどよーん

    次にリトルピアニスト68番。3度の重音の訓練です。
    20100703_903.jpg

    これねー、最初から終わりまでずっとフォルテなのです!
    「ひーーー苦しーーーっ手がつるーー」と思いながら(いや、声に出てるかもw)
    ふと昔の事を思い出しました。
    スイミングに通っていた時、レッスンの最初と最後にバタフライ50mを泳がされた時のことを。
    最初は元気がいいからへっちゃらで泳げるんだけど
    段々疲れてきて手は上がらん、足も動きが鈍~くなってくる。
    最後はイモムシが泳いでますか?な泳ぎかたしてたなぁって。
    まさにそれのピアノ版w
    最初は元気よくて粒もソコソコ揃ってるけど、段々指が上がらなくなる。
    次第に腕が疲れて重くなる。イモムシ化開始、みたいな。

    何とかこなしたけど、グダグダな雰囲気に。
    先生もちょっと微妙だなー、な感じで「悪くないけど…どうする?
    もう一回くらいする?悪くないからこれで終わりでもいいけどー」と。
    ”悪くない”を何度も繰り返すあたりが「もう一回やった方が」に聞こえるんですが。
    さすがに自分でも微妙なのは分かってたから目は思いっきり宙をさまよいながら
    「先生が決めてくださーい(棒読み)」と逃げの一手。
    先生は爆笑しながら「重音は今後も出てくるから今回はこの辺で終わりにしましょうか♪」と
    言ってくださったのでこれでマズルカ突入決定でーす☆
    はーよかった。
    マズルカが楽しくなってきてたから、早く終わってくれて嬉しい

    それから最近再開した真夏にサンタクロース。
    中間部の譜読みからだから、まだめちゃくちゃw
    けど一度見てもらっとこうかな~とおもって。
    結果的に見てもらって良かった!

    シューマンの不思議ワールドにまんまとハマったかと思ったワタシ。
    もーなんでこの和音なん?!とシューマンの不思議ちゃんぶりに
    苦しんだ2週間でしたが、なーーーーんと私の仕業が原因でしたとさ
    いやーお恥ずかしながらナチュラルがつく音符を一段読み間違えてました。
    20100703_904.jpg

    そら思い切り不思議ワールドいやいや、不自然ワールドになるわ。
    だけどね、これ、見間違い度高くないですか?!
    (は?老眼の始まりですか?)

    しかしこれでスッキリ。
    無事、不思議ワールドは解決。
    そうなると、なかなか美しい調べとなってきました。
    俄然やる気がさらに上昇。

    次回のレッスンは2週間後です。次こそもうちょっとマシに弾きたいわー。

    Lesson#20100619

    20100621_829.jpg
    ツェルニー・リトルピアニスト(Op.823) 69番マズルカ

    珍しくレッスン記。
    久々ものすごくやる気になってきたー!
    これが2週間維持できるかわからないけど(ヲイ)
    とにかくリトルピアニストを1カ月でも早く終わらせたい。
    だってこの本だけで3年半もかかってるんだもん

    重音地獄な68番、これは粒をそろえるのがもの凄く大変なんだけど
    (特に最近練習してなかったから手がつりそう;;)
    それさえクリアすれば他に難所はないので、リズム練習を繰り返して次回仕上げ。
    そして69番マズルカの譜読みをやってくるように言われました。

    マズルカといえばショパンで有名。
    それ以外知らなかったんだけど3拍子のポーランド舞曲なんだそう。
    ショパンマズルカをするための入門だと思ってね♪と先生。
    将来ショパンやりたい私はそれだけで舞い上がりまくりなんだけど
    もしかして上手くのせられてますか?

    リトルピアニスト(全73曲)も残り5曲!
    仕上げらしく難易度高め&長いんだけど卒業がチラチラ見えてくるとモチベーションあがるわー。
    数年前は終わりの黒い譜面見て「これをするわけ?マジで?」と思ってたけど
    目は慣れてくるもので、今では白く見える。不思議。

    まー順調に行ったとしても卒業は年内ギリギリでどうかってところだけど
    それでもやっとこれで初級卒業と思うと嬉しいです。
    早く次(ツェルニー30番練習曲)に入りたいな。
    楽譜はもう用意してあるんだけど

    ハノンも現在18番。第一部の終了も間近です。
    そして気になりつつ練習ストップしてるのが
    シューマンのサンタクロースのおじいさん(Knecht Ruprecht Op.68 No.12)
    ちーっとも進んでおりません。
    シューマンイヤーの年内に終わらせないとちょっとシャレにならんか?
    せめてクリスマスごろまでには仕上げたい。なので昨日から久々練習再開。

    やりたいときは一気なのよね。
    ルクーペもプレインベンションもしたくなってきたけどここは我慢。
    浮気すると、きっとシューマンが終わらない

    ピアノ・・・

    久々ピアノ記。

    最近ほとんど練習出来てない;;
    気持ちがバラへ行ってしまってピアノが後回しになってます。
    そんな中、先週末はレッスン。

    さすがにそろそろ真面目に練習しなくては、という焦りが出てきて
    レッスン前1週間は極力練習したけど、レベルが後退してる・・・
    だから前と同じ練習量じゃとても取り戻せなくって半泣きでレッスンへ。
    でもお情けでリトルピアニスト67番はOK頂きました。
    全然指定速度なんて足りてなかったけど、これ以上やってもって思われたみたい;;

    んで、一生懸命ハノンやってツェルニーやって…て時に先生からポツリと
    「手首、焼けてるね…笑」と。

    ヒーーーー!練習不足の原因ですよ、その日やけ!
    仕方なく白状してしまいました。
    土いじりに夢中になってました、ってorz

    実は先生も大の土いじり好き。
    先生はもっぱら野菜の方なんだけど今がシーズンなの分かるー!って
    笑ってくれました^^
    先生はコンクール間近の子がいるらしくて、土いじりはほどほどで我慢中だそう。
    本当は一日中外に居たいくらいだ!と言ってました。
    だから気持ちが分かるから今回はまぁいいでしょう、と。

    でも間もなく梅雨入り、土いじりも一旦終わりです。
    次回その言い訳は通用しませんよーーー。<自分に言ってますw
    しかも現課題のリトルピアニスト68番は付け焼刃じゃ絶対だめ。
    3度の重音がこれでもかと続くので音のバラツキを無くすためにも
    根気入れて練習しなくちゃ…。

    2週間に1度のレッスンなのでいつも最初の週はダラダラ過ごしてしまうんだけど
    今回こそペースを戻すためにも真面目に頑張ろう~。
    という決意表明をしてみる