FC2ブログ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新記事
プロフィール

hiro

Author : hiro
夫+犬の二人三匹暮らし。大分県在住。
犬、ガーデニング、バラ、写真、
大人から習い始めたピアノのことなどをつづる全部入りblog
コメント歓迎(*´∀`*)FBでも近況up中☆

もふ x 3
うに
うに
Mダックス Red ♂(去勢済)5.1キロ
賢いけど、ちょっとネクラ(笑)
もふ隊を強力に束ねるこわ~い兄貴分。
2002年3月17日大分市生まれの13才。
'13年5月 免疫介在性溶血性貧血発症
'13年6月 巨大食道症発症

みかん
みかん
Mダックス Red ♂ 6.1キロ
レトリーブ、水泳大好きのタフガイ。
2003年4月14日大分市生まれ。
うにのハトコで渋みが微塵もない12才。
'09年10月 進行性網膜萎縮症発症
'13年 8月 椎間板ヘルニア発症

はっさく
はっさく
Mダックス Black & tan ♂ 7.2キロ
飛び出すと戻って来ない弾丸ボーイ。
庭荒らしの常習犯w
2009年7月18日福岡市生まれ。
若さ爆発な5才。
カテゴリ
過去log.
検索フォーム
リンク * IMHAと闘うおともだち
リンク * わんこ
リンク * ガーデニング
リンク * ピアノ
my favorite sites
  • DOG COMMUNE*(犬雑貨)
  • bee+bee(犬雑貨)
  • Happiness*Dog(犬雑貨)
  • 小邦寡民(café@大分)
  • しあわせなしっぽ
    (ボランティア団体@大分)
  • Fragrance World
    (有島先生のバラブログ)
  • -バラと暮らす日々-
    (キムタクてんちょのバラブログ)
  • バラの庭づくり oakenbucket
    (オークンバケットさんのバラブログ)
  • KRess Room(KYOさんのEU情報)
  • gremz☆5本目
    ひっそりとランキングに参加ちう
    気が向いたら応援ぽちください(^O^)ノ
    にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

    にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ



    タグ

    みかんどん、眼科検診へ行く * 進行性網膜萎縮症

    今日は6カ月ぶりにみかんの眼科検診へ行ってきました。
    (進行が非常に遅いため6カ月検診に変更となりました)
    この病院の、あるAHTさんは「みかんどん」と呼んでくれます(笑)

    20111020.jpg

    瞳孔拡散剤を点眼されて特別待合室で待機中のみかん。
    毎度の事だけど、見にくいはずなのに意に介さずオドカシタルで遊びまくり。
    院内に響くキューキュー音^^;;;

    はじめて中程度の進行状態と診断されて泣きながら帰って来たあの日から2年。
    ずっと大した変化はなかったんですが最近ちょっと気になる事が…。

    ご飯をあげるとき、私の手元は見てるのに床にお皿を置くと
    「どこ?!」と、ごくたまに探すんです。
    猟犬なのに鼻が効かない(笑)ので「ここだよ!」と
    指でトントンしてあげるとようやくあった~♪な顔して食べ始める…。

    それにボール投げも見失う事がさらに増えました。
    ぼやぼやしているうちに、はっくんに持って行かれる。
    はっくんも、へっへーんな態度でスタコラ逃げるので(笑)
    あまりに悔しいのか、はっくんの後ろ姿にギャン吠え…^^;

    これらの事から、もしかして…とは思っていましたが
    少し病状が進行していることがわかりました。
    やっぱりなー。
    ここまで視力を保てたことが大奇跡だから仕方ないなって感じ。
    時間に猶予が出来たおかげで心の準備もできたし。

    今回は右目の眼底の血管が6か月前に比べて明らかに細くなっていました。
    血管が消失すれば神経も生きてはいられませんから
    右目の視野、視力が落ちているという事らしい。

    とはいえ、他の子の所見と比べるととっくに失明していても
    おかしくない状態なんだそうです。
    これでガッツリ見えているのが不思議だと…^^;

    ここらへんで先延ばしにしていた網膜電位図検査をそろそろ
    受けてみた方がいいかもしれないという気持ちになってきました。
    どのくらい視神経機能が残っているのかがわかりますから。

    特異なケースなため、先生も医学的見地からかなり興味がありますとのこと。
    今後の研究に役立ててもらえるなら検査をする意味もあるかもしれないなぁ~。


    ■余談ですが、遺伝子検査について(4月に医師から聞いた話)■

    以下折りたたみます。

    続きを読む

    スポンサーサイト



    テーマ:ダックスフント大好き♪
    ジャンル:ペット