FC2ブログ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新記事
プロフィール

hiro

Author : hiro
夫+犬の二人三匹暮らし。大分県在住。
犬、ガーデニング、バラ、写真、
大人から習い始めたピアノのことなどをつづる全部入りblog
コメント歓迎(*´∀`*)FBでも近況up中☆

もふ x 3
うに
うに
Mダックス Red ♂(去勢済)5.1キロ
賢いけど、ちょっとネクラ(笑)
もふ隊を強力に束ねるこわ~い兄貴分。
2002年3月17日大分市生まれの13才。
'13年5月 免疫介在性溶血性貧血発症
'13年6月 巨大食道症発症

みかん
みかん
Mダックス Red ♂ 6.1キロ
レトリーブ、水泳大好きのタフガイ。
2003年4月14日大分市生まれ。
うにのハトコで渋みが微塵もない12才。
'09年10月 進行性網膜萎縮症発症
'13年 8月 椎間板ヘルニア発症

はっさく
はっさく
Mダックス Black & tan ♂ 7.2キロ
飛び出すと戻って来ない弾丸ボーイ。
庭荒らしの常習犯w
2009年7月18日福岡市生まれ。
若さ爆発な5才。
カテゴリ
過去log.
検索フォーム
リンク * IMHAと闘うおともだち
リンク * わんこ
リンク * ガーデニング
リンク * ピアノ
my favorite sites
  • DOG COMMUNE*(犬雑貨)
  • bee+bee(犬雑貨)
  • Happiness*Dog(犬雑貨)
  • 小邦寡民(café@大分)
  • しあわせなしっぽ
    (ボランティア団体@大分)
  • Fragrance World
    (有島先生のバラブログ)
  • -バラと暮らす日々-
    (キムタクてんちょのバラブログ)
  • バラの庭づくり oakenbucket
    (オークンバケットさんのバラブログ)
  • KRess Room(KYOさんのEU情報)
  • gremz☆5本目
    ひっそりとランキングに参加ちう
    気が向いたら応援ぽちください(^O^)ノ
    にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

    にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ



    タグ

    巨大食道症の疑い…

    黙って見守ってくださっている方、励ましや労りのお言葉を下さった方、
    たくさんのお心遣いを本当にありがとうございます。

    どうやらうにはただの胃炎ではなく、食道炎とさらには巨大食道症(食道拡張症)という
    病気を発症しているぽいです。もう2週間も続く激しい嘔吐はそのせいのようです。

    巨大食道症かも?と気付いたのは吐き続けて1週間以上経ったころでした。
    抗がん剤治療にも使われるような強い吐き気止めが効かず、
    特に昼や深夜など寝ている時間に嘔吐というより「吐出」が激しい。
    症状も、ケア後の変化もバッチリ一致。
    信じたくなかったけど可能性あり、と医師からも診断されました。

    原因は不明でほとんどは先天性のものだそうですが
    何かの病気が引き金になることもあるそうでうにの場合はIMHAが引き金になったと思います。
    それに、生まれつき食道が未発達だった可能性も。

    ダックスで体の一部に色抜けがある場合、その部分の臓器が未発達な可能性がある、
    という事をずいぶん前に聞いたことがあったのですが、うにの場合胸のあたりの毛が
    生まれつき真っ白でした。もしかしたらそういう事も原因の一つかもしれません。

    残念なのはこの病気も特殊なケースを除き、対症療法以外の明確な治療法がないこと。
    一度拡張してしまった食道は元に戻ることは無いようです。

    嘔吐が続いてご飯をまともに食べることもお薬を飲むこともできなくなって1週間経ち、
    残された時間を知りたくて血液検査を受けました。
    軽い脱水のせいもあったと思いますがヘマトクリットは驚きの31%でした。
    うんたんは必死に頑張ってた!!

    まずは胃と食道炎の治療が最優先のためお薬は最低限に減らして
    巨大食道症のケアを続けている状態ですが、おかげで徐々に食事は摂れるようになってきました。
    そのため、IMHAの進行が僅かでも緩やかになるのなら、と
    ご飯がちゃんと食べられる、副作用の出ないギリギリの範囲を探るべく治療を再開しました。

    どうしてこんなことに、と思う日もあります。
    IMHAと巨大食道症、どちらかひとつだけでも大変な病気なのに併発するなんて本当にショックでした。
    最初はまだ失いたくない一心でパニックにもなりましたが
    IMHAの治療に関しては今までのような副作用覚悟の積極的な加療は行わないことに決めました。

    決して未来を諦めたわけではないです。
    おそらくもう固形物を食べることはできないうんたんに
    流動食であっても最後まで美味しくご飯が食べられる状態で居てほしいだけなんです。
    うんたんが出来る限り苦しむことなく、穏やかに過ごせることが一番大事だと思うので。
    その先に、もしかしたら奇跡が起こるのかもしれない。
    今はそう思っています。

    こう思えるようになるまで時間がかかりました。
    辛い治療で苦しませてしまった後悔と、すぐにも失うかもしれない恐怖。
    どちらも心底辛いですが、たくさん涙して悩んで決めました。

    うんたんが生きようとする限り一緒に頑張ります。
    時にまた迷うこともあるだろうけど、今後は出来るだけ明るい日々を綴っていけたらと思います。

    これからは巨大食道の記事も併せてupしていきます。
    お手数ですが話がつながらないときはそれぞれのカテゴリをご覧くださいませ。

    テーマ:ダックスフント大好き♪
    ジャンル:ペット