カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
プロフィール

hiro

Author : hiro
夫+犬の二人三匹暮らし。大分県在住。
犬、ガーデニング、バラ、写真、
大人から習い始めたピアノのことなどをつづる全部入りblog
コメント歓迎(*´∀`*)FBでも近況up中☆

もふ x 3
うに
うに
Mダックス Red ♂(去勢済)5.1キロ
賢いけど、ちょっとネクラ(笑)
もふ隊を強力に束ねるこわ~い兄貴分。
2002年3月17日大分市生まれの13才。
'13年5月 免疫介在性溶血性貧血発症
'13年6月 巨大食道症発症

みかん
みかん
Mダックス Red ♂ 6.1キロ
レトリーブ、水泳大好きのタフガイ。
2003年4月14日大分市生まれ。
うにのハトコで渋みが微塵もない12才。
'09年10月 進行性網膜萎縮症発症
'13年 8月 椎間板ヘルニア発症

はっさく
はっさく
Mダックス Black & tan ♂ 7.2キロ
飛び出すと戻って来ない弾丸ボーイ。
庭荒らしの常習犯w
2009年7月18日福岡市生まれ。
若さ爆発な5才。
カテゴリ
過去log.
検索フォーム
リンク * IMHAと闘うおともだち
リンク * わんこ
リンク * ガーデニング
リンク * ピアノ
my favorite sites
  • DOG COMMUNE*(犬雑貨)
  • bee+bee(犬雑貨)
  • Happiness*Dog(犬雑貨)
  • 小邦寡民(café@大分)
  • しあわせなしっぽ
    (ボランティア団体@大分)
  • Fragrance World
    (有島先生のバラブログ)
  • -バラと暮らす日々-
    (キムタクてんちょのバラブログ)
  • バラの庭づくり oakenbucket
    (オークンバケットさんのバラブログ)
  • KRess Room(KYOさんのEU情報)
  • gremz☆5本目
    ひっそりとランキングに参加ちう
    気が向いたら応援ぽちください(^O^)ノ
    にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

    にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ



    タグ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    おさはち先生のローズセミナー in 小倉井筒屋

    二日がかりで書いた記事だったのにupした直後に
    うっかりミスで消してしまいました…ので再度書きます…しくしく。

    14日は小倉井筒屋・屋上ローズガーデンにて
    おさはち先生ことローズソムリエ・小山内健先生の
    ローズセミナーが開催されました。
    先生からブログ掲載許可を頂きましたので張り切ってupさせていただきます♪

    DSC_0010_20111014233918.jpg

    先生は現在、京阪演芸…もといw 京阪園芸にご勤務で
    NHK趣味の園芸のバラコーナーなどでもご活躍中の
    芸人チックな園芸家でいらっしゃいます^^

    実は先生は某所では有名な雨男…。
    この日もご多分にもれず朝から雨でございました^^;
    しかも西日本一帯に大雨予報w

    しかしオモロトークが効いたのか?
    セミナー後は小ぶりに(笑)

    講演の内容をまとめましたのでご興味のある方はどうぞ。
    夏剪定後ということで夏にまつわるお話しが中心です。
    長いので覚悟くださいね^^;

    以下、折りたたんでおります。



    ■温暖地での鉢の使い方について

    夏剪定を行うのはどうやら日本だけのようで
    イギリスなどの寒冷地では秋といえども地温はぐっとさがり
    冬支度の様相となるので夏の剪定は行わないそうです。
    温暖な日本ではまだ咲く余地があるので
    剪定を行って開花を促す事が出来るというわけですね。

    イギリスと言うとイングリッシュガーデンでは定番の
    テラコッタなどの素焼きの鉢やレンガ花壇をお使いの方も
    たくさんいらっしゃると思います。見た目がいいしね((´∀`))b

    素材が石や土なので太陽熱を貯め、保温性にすぐれているので
    イギリスのような地温の低くなる冷涼地においては
    この蓄熱効果が根の発育に良い効果をもたらすんだそうです。
    いわば寒冷地仕様のアイテム。

    こんなホカホカアイテムを九州のような温暖地で使うとどうなるか。
    秋~春ならば問題無いそうですが夏場、
    高温に熱された鉢に潅水すると熱水に変わり、
    熱水を浴びた根は茹だり、
    果ては夜間になっても蓄熱効果のある鉢内の温度は下がらず
    根には深刻なダメージを与えてしまうそうです。

    じゃあどうすればいいの?って話ですが温暖地に限っては
    バラに限らず植物全般、プラ鉢のほうがオススメだそうです(アッサリw)

    でもオサレに庭を演出したいですよねぇ。
    どうしてもテラコッタに植えたい、と言う場合は
    夏場はプラ鉢をかぶせて2重鉢にすると良いそうです。

    また、逆にプラ鉢をテラコッタ鉢に入れる逆バージョンでもOK。
    このとき、プラとテラコッタの間にもたっぷり潅水してあげると
    根の生育が良くなるそうです。

    他に、暑さに強い植物を小鉢に植えてバラ鉢の周囲に置くのもOK。
    クリスマスローズや這い性の植物が冷やす効果大なんだそうですよ^^

    見た目にこだわらない方はプラ鉢+プラ鉢の2重鉢でもOK。
    いずれにしても秋から春にかけては一重に戻す事をお忘れになりませんように♪

    またレンガ花壇であれば発砲スチロール製の板や木製の板でも一枚
    土とレンガの間に挟み込む事によって
    熱を遮断できるようになるそうです。

    こうやって熱から根を守る事によって
    しっかり水を供給できるような地下部を作り、
    葉を茂らせ蒸散を続ける地上部を支えられるようになるんだそうです^^


    ■水やりについて

    日本の野茨(ロサムルチフローラ)はほとんどが
    土手など水がたまらない場所を好んで自生しており
    この野茨を台木としている国産バラ苗も同じく水じゃぶじゃぶな環境を好みません。
    土表面が乾いて水やりする、これを鉄則としたほうが良い。
    地植えにはほとんど水遣りは要りません。

    また、これから枝だけになっていくバラの足もとに
    ビオラやパンジーなどを寄せ植えすることがあると思いますが
    これらの植物も自生種は野茨と同じく土手など水捌けが良い場所を好みます。
    いつも湿っている環境では徒長して良い苗は出来にくいんだそうです。

    表面が乾いたらケチらずたっぷり水やり。
    これが強いバラ、こんもり茂るスミレを作る大原則!

    でもこれを知ったからと言って今日からすぐって言うのは
    苗を弱らせるので辞めて欲しいとのこと。
    甘やかし管理している場合は今年いっぱい、休眠するまでは
    今まで通り甘やかしてください。
    その代わり、来年芽吹いてからはビシバシ管理に切り替えると
    苗も頑張ってくれるようになるそうです^^

    って…あちゃー、ウチは初夏からやっちゃったかも…^^;


    ■葉の管理について

    バラが欲しがる光の種類は「白」。
    朝から昼までの太陽の色が白なんだそうです。

    今の季節、夏バテや虫害や黒点病などで盛大に葉を落としている株が
    我が家にもいくつかありますが…
    しっかり陽を当て、葉の展開を促します。

    葉は=ソーラーパネルと同じ。折角復活した葉は出来るだけ残します。
    特にこれからあと1カ月程度が開花時期になりますが枝先1/3カットにこだわらず
    花首をカットする程度(=花がら切り)にしておく方が良いそうです。


    ■枝作りにも気を配ろう

    ヒョロヒョロと枝を伸ばし、うつむいている場合がありますが
    細く自立できないような枝には花つきは期待できません。
    支柱を使ったり、株元を麻紐などで軽く縛って枝を上向きにしましょう。
    そうすることで枝に水と栄養が行きわたり、春ごろには支柱を外しても
    自立できるようなしっかりとした枝が出来上がります。


    ■肥料について

    秋の開花時期を迎えると明らかに体力を落としているバラが
    わかるようになりますが…^^;
    こういう株には液肥がベター。
    それも化成液肥のほうがお勧めだそうです。
    完熟であれば有機でも問題ないそうですが
    そうでない場合、雑菌が繁殖しやすくなるのだそうです。
    体力が戻ったところで固形肥に切り替えます。

    インフルエンザでうんうん苦しんでいるときに400gの特大ステーキ
    食べなさいって言っても無理でしょ?と。
    そりゃま、確かに(笑)
    これは元々先生の持ちネタなのか、それともこの日会場に終始漂っていた
    焼肉臭でふと思いついたのか不明ですがわかりやすかったですね^^;


    ■まとめ

    ビシバシ厳しく育てた、いわば「野良バラ」を目指す事によって
    病気にもかかりにくくなるんだそう。
    今は世界的に減農薬傾向にあるんだそうで、とくに2000年以降発表の
    新品種のバラは病気に強いものがとても多くなっています。
    育種家の方々の、バラは決して難しい植物ではなく
    いろんな方に気楽に楽しんでほしいという思いの表れなのでしょうね^^

    最後に。
    バラの為にある暮らしでも、バラさまにヘイコラお仕えするのでも無くて
    (ありゃりゃ、私の事だわ…(´-∀-`;))
    少しバラから離れて庭でお茶でも飲みながら
    バラとともにある暮らしを目指しましょう!とのことでした^^
    先生、ありがとうございました。とーっても勉強になりました♪
    後は情報を生かすも殺すも私次第~(笑)ガンバロ…^^;

    さて、お次はバラ友さんとの逢瀬編です♪ ←まだ続くんかいw


    2度目の記事作成で力尽きてます(笑)
    なんかニュアンスが違ってるところもあるかも。
    ココ違うよとお気づきの点があれば、どうぞご指摘くださいませ^^

    テーマ:バラが好き!
    ジャンル:趣味・実用

    Comment

    お疲れ様です!

    記事が消えちゃうと悲しいですよね。
    これだけ大作だとなおさらだと思います(>_<)
    お疲れ様でした。

    栽培方針、よかった(^^♪
    だいたい僕と同じやり方です。
    必要以上に甘やかさずに鍛えてるつもりです(笑)

    根を強くできれば株の強さも変わってきますもんね(^^♪

    nenさんへ

    nenさん、こんばんは^^

    事故で消えたわけではなく自分でガッツリ消したので
    アホな自分が恨めしいというかあまりの情けなさに
    さすがに気持ちが萎え萎えになりました><お馬鹿すぎるw

    栽培方針が大体同じとはさすがnenさん!
    だから綺麗に咲かせる事が出来るんでしょうね^^
    まだまだヒヨッコの域から抜けだせないワタシですが
    その域を目指したいです。
    地道に色々試しながら頑張ります^^

    ありがとうございます!

    はじめまして!こんばんは♪
    私は16日に井筒屋へ行きましたよ。そこでポスター見て、
    おさはち先生が14日に来てたことを知って、どうだったのか
    知りたかったんです。こんなに詳しくUPしてくださって
    ありがたいです(^。^)勉強になりました!

    yumiyumiさんへ

    yumiyumiさん、はじめまして、おはようございます(○´∀`)ノ
    コメントありがとうございます♪
    うまくまとめられたかわからなかったのですが
    少しでもお役に立てたようでなによりです^^

    14日はもともと洞海ばら会の会員向けイベントだったらしく
    (とはいえ誰でも入れて無料だったケド)
    先生自身、時間が寸前まではっきりしなくて
    一般客への告知が徹底出来なかったからもったいなかったよな~と仰ってました。

    yumiyumiさんは福岡にお住まいなのでしょうか?
    今月末(おそらく30日です。前日の29日は大分で講演会なので)に
    平田ナーセリーでローズグロアー大野耕生氏のセミナーがあるようです。
    時間やどこの店舗であるのかは私は知らないのですが
    講演がある事を知人が確認していますので
    もしご興味がおありでしたら平田さんに問い合わせしてみてください♪

    遅ればせながら

    hiroさんありがとうございます。
    時間が間に合わなかった私ですが、こんなに詳しく書いていただいて嬉しいです^^

    すごく参考になります。
    あの日お聞きした質問のメモと一緒にとっておきます。

    大野さんのセミナーは
    久留米店です。北九州からはちょっと遠いかも。。
    お店サイトのニュース欄をご覧ください。
    http://www.hirata-ns.co.jp/index.html

    追記、yumiyumi様へ。

    同じニュース欄に10月29日の真島康雄先生のセミナーの記事があります。
    こちらは小倉東店です。

    ご存知かもしれませんがとりあえず書いておきますね。。

    えのころさんへ

    えのころさん、こんばんは^^

    こんな内容でも参考になれば幸いです♪
    セミナー後にお聞きした内容も合わせてupしたかったんですが
    力尽きてしまいました^^;

    そうそう!!
    菌の黒汁…ですよね。わたし、ずっと墨汁と言ってました(笑)
    先日近くの園芸店で見つけたんですが(ローズ版)値段にひるんで
    そのまま帰ってきてしまいました…汗

    大野さんの福岡セミナーは久留米店なんですね^^
    情報ありがとうございます♪

    えのころさん&yumiyumiさんへ

    29日のDr.真島のセミナー、行きたい…(≧з≦)
    けど29日は大分の王子セミナーとバッティング…orz
    先日大神ファームのセミナーでお会いした福岡からいらした方から伺った話しだと
    平田さんでは真島先生のセミナーはちょくちょくされているそうですね。
    いつか参加してみたいです!

    平田のセミナー

    平田ナーセリーの本店が久留米で
    ドクターも久留米です。資材も平田のをよく使ってらっしゃいます。
    一度聞きに行きましたが(福岡東店)
    とっても面白かったです^^
    機会あれば是非。

    今春はオープンガーデンをなさっていて、堪能してまいりました
    素晴らしいお庭でした。

    えのころさんへ

    平田ナーセリーって久留米が本店だったんですね。
    ドクターが久留米にお住まいなのは知っていたんですが。
    お使いの資材のうち、貝化石肥料は同じものを昨年手に入れました^^
    ターシャもよくしていたという馬糞液肥も今度試してみようと思っています♪
    (ずっと先生が使っているような濾しつきバケツを探してるんですが見当たらずw)
    先生の講演、ぜひ聞いてみたいです。

    オープンガーデン、やはりなさっていらっしゃるんですね!
    あれだけのお庭ですからそうじゃないのかとは思っていましたが
    情報が入手できずそのままになっていました。
    来春開催されるようであればぜひお邪魔したいです(*´∀`*)
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。