カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
プロフィール

hiro

Author : hiro
夫+犬の二人三匹暮らし。大分県在住。
犬、ガーデニング、バラ、写真、
大人から習い始めたピアノのことなどをつづる全部入りblog
コメント歓迎(*´∀`*)FBでも近況up中☆

もふ x 3
うに
うに
Mダックス Red ♂(去勢済)5.1キロ
賢いけど、ちょっとネクラ(笑)
もふ隊を強力に束ねるこわ~い兄貴分。
2002年3月17日大分市生まれの13才。
'13年5月 免疫介在性溶血性貧血発症
'13年6月 巨大食道症発症

みかん
みかん
Mダックス Red ♂ 6.1キロ
レトリーブ、水泳大好きのタフガイ。
2003年4月14日大分市生まれ。
うにのハトコで渋みが微塵もない12才。
'09年10月 進行性網膜萎縮症発症
'13年 8月 椎間板ヘルニア発症

はっさく
はっさく
Mダックス Black & tan ♂ 7.2キロ
飛び出すと戻って来ない弾丸ボーイ。
庭荒らしの常習犯w
2009年7月18日福岡市生まれ。
若さ爆発な5才。
カテゴリ
過去log.
検索フォーム
リンク * IMHAと闘うおともだち
リンク * わんこ
リンク * ガーデニング
リンク * ピアノ
my favorite sites
  • DOG COMMUNE*(犬雑貨)
  • bee+bee(犬雑貨)
  • Happiness*Dog(犬雑貨)
  • 小邦寡民(café@大分)
  • しあわせなしっぽ
    (ボランティア団体@大分)
  • Fragrance World
    (有島先生のバラブログ)
  • -バラと暮らす日々-
    (キムタクてんちょのバラブログ)
  • バラの庭づくり oakenbucket
    (オークンバケットさんのバラブログ)
  • KRess Room(KYOさんのEU情報)
  • gremz☆5本目
    ひっそりとランキングに参加ちう
    気が向いたら応援ぽちください(^O^)ノ
    にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

    にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ



    タグ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ステロイドの休薬を断念 IMHA検診 * 28回目~30回目

    免疫介在性溶血性貧血(IMHA)と巨大食道症と闘う、うにの記録です。
    みかんのヘルニア治療にも追われてすっかり更新が滞ってしまいました


    uni20130925.jpg


    その間に少々すったもんだありましたが一応元気にしてます。
    前回、8/26(27回目)の検査結果の続きです。



        WBC
    白血球数

    5000~15000(/ul)
    RBC
    赤血球数

    500~1000
    (×10の4乗)
    Hb
    ヘモグロビン

    10~20(g/dl)
    Ht
    ヘマトクリット

    35~55(%)
    PLT
    血小板数

    25~80
    (×10の4乗)
    TP
    血漿総蛋白濃度

    5~8(g/dl)
    8/261620051611.033.051.76.1
    9/91890049710.530.653.06.1
    9/171100048810.229.745.0 
    9/24920051410.531.061.97.3



    8/26までは約2カ月の間ヘマト値を30%維持できていたので
    ステロイドを3~4週間おきに減薬していました。
    9/9時点では1.25mgを一日おき(実質0.125mg/kg/day)まで減らして3週間目。
    この日の検査で初めてヘマト値が低下

    減薬してすぐに低下したわけではなかったので悩んだ末、休薬を断行。
    けれど1週間後9/17の検査では更に低下

    2週連続の低下だったので…さすがに何か手を打たないとなぁ~。
    今までステロイドの薬効が良くわからなかったので張り切って休薬を目指してきましたが
    もしかしたら低量でも必要なのかも?と泣く泣く断念しました

    まずはステロイドの増量。
    一旦、免疫抑制量から再開(1mg/kg/day:うには体重5㎏計算で5mg投与)。
    それから1週間後9/24の検査で無事に数値upしました

    ってことはやっぱりステロイドが要るのね…
    もうこうなったら仕方ないですね。諦めも肝心。

    けど、水を飲む量が増えちゃったので巨大食道症に影響が
    逆流しやすくなってしまって吐出の危険が増したので
    ちょっと早いですけど減薬して今週は0.75mg/kg/day(3.75mg投与)にしてもらいました。

    一番調子が良かったのが2.5mgを一日おき(実質0.25mg/kg/day)投与だったので
    まずはその量を目指して減薬していきたいですな~。
    その後は限界値を探る旅になりそうです。とほほ。

    このすったもんだの間、幸いにも体重は4.85~4.95㎏で維持。
    けれどヘマト値が30%を切ると目に見えて血色が悪くなるので
    ハラハラどきどきな毎日でした。
    つくづく精神的な負担の大きい病気だわぁ~~~って思っちゃいます


    【補足:今飲んでいるお薬】
    ・ネオーラル(免疫抑制剤) 25mgを1日2錠(計50mg)
    ・プレドニン(ステロイド) 3.75mgを1日1回(0.75mg/kg/day)
    ・サイトテック(胃薬)
    ・グリチロン(強肝剤)
    ・ペットチニック(ミネラル補給サプリ) 1mlを1日2回(計2ml)

    【休止したお薬】
    ・プロナミド(上部消化管運動機能改善薬)
     最長4週間投与推奨なので9/9から一旦お休み、吐出に影響がなさそうなのでそのまま休薬に。
    ・ルンワン粒(抗血栓サプリ)
     球状赤血球と自己凝集が少なくなってきたため9/25から休薬
     




    テーマ:ダックスフント大好き♪
    ジャンル:ペット

    Comment

    顔色

    ヘマト30%あたりで目に見えて顔色が悪くなる。
    逆に、意外と顔色だけでは判断し辛い、という事なんですよね。

    30%前半でも、血圧が下がる寝起きなんかは顔色良くないけど、それが一時的なものだから、決定打にはならなくて……

    難しいんですよね。

    誰が悪いわけでもないんですけど……悩ましい……

    姫ハチ母さんへ

    姫ハチ母さん、こんにちは。
    うにの場合、なかなか安定せず20%前半を長い事ウロウロしていたので
    顔色(耳や歯茎の血色も含めて)や行動パターン、呼吸の浅さは
    比較的記憶に残っていて割と予想が当たることが多いです^^;
    今日は20%後半かな~とか。
    特にうには30%を切ると見るからに血色が悪くなりますね~><

    でも、これが40~30%台での変動となると判断はつきにくくなるかもしれません。
    血色もわりといいし普通に暮らせる値ですもんね。
    仰る通り難しいと思います。
    そうそう、起きぬけ、食前食後でも血色って変わりますもんね。

    姫ちゃんの場合ほぼずっと安定していたところにいきなり低下したら
    顔色悪くても気のせいかな?って思うときもあるだろうし
    なかなかそれだけで判断つきにくいですよね><
    こればかりは個体差もありますし。
    あまり気を落とさないでくださいね。
    (なんだか的外れなことを言っていたらごめんなさい)
    一日も早くお薬が効いて数値が上がりますように。

    今後の課題

    うにちゃんの方が少し病気の先輩なので
    いろいろ参考になるのですが
    減薬・断薬の方向に進みたいのはヤマヤマだけど
    そのコの様子を見て手探りで進んでいく怖さは
    ありますよねー。減らして急激に下がったら・・・とか
    賭けの部分もあり悩みます。

    姫ハチ母さんのとこでも書いてありましたが
    数値の悪さ=普段の様子にならないこともあり
    「あれ?」と思ったらとにかく受診しかないのかな (^^ゞ

    うにちゃんは巨大食道症もあるから薬の投与も難しいですね。
    涼しくなってきたからワンコ達も少しでも元気になりますように。

    hiroさん、無理されないように昼寝してくださいね!

    No title

    たいへんな毎日が、想像できます。
    睦月と凛、ダブル、いや、うさぎも危篤になったときも
    重なったので、トリプルパンチのときがありましたから。。

    精神的なものは、相当グロッキー状態でしたが、
    決めなきゃ行けないこと、考えなきゃならないこと
    たくさんで、答えを出さないわけにはいかない。。

    怒濤のような日々。
    そのなかで、今回のステロイド再開で、上向きになったこと。
    いいことですよね。
    効かない子もいるから。
    睦月は、はっきりと、ステロイドも、シクロスポリンも
    効果がありました。そう、つまり、歯が腫れて、
    休みや減薬すると、とたんに、白くなる。。。
    ジレンマですよね。
    でも、飲ませれば上がるってことは、今思えば
    ありがたいことでした。(最後は上がらなかった)

    ただ、睦月の場合は、最後の最後まで(16歳4ヶ月)、
    肝臓、腎臓は正常値でした。
    凛は、肝臓がだめなので、ステロイドを、はい!じゃ
    使いましょうってならない。
    さらに、消化器系が弱いので、シクロスポリンも、
    副作用がでるかもしれない。

    使わなきゃいけなくなったときは、
    同じように、量とか間隔とか、一番いいところを
    目指すことになると思いますが、
    次の検査までは、ほんとに気が気じゃないだろうなって
    思います。
    耳から1滴とったら、ヘマとがわかる糖計測みたいなのを
    早く開発してほしいですね。

    この病気の難しさ。1人1人違うこと。

    それでも、へへへ〜な顔みると、
    楽しいならいっか〜。嬉しいこといっぱいしようって
    させてくれますよね!

    なんだかよくわからなくなってきました。
    すいませんm. .m

    ふらりんさんへ

    ふらりんさん、おはようございます。
    減薬・断薬、いずれは皆通る道ですが仰る通り
    個体差がありすぎて難しいですね~。
    うちの場合初期治療でステロイドに反応がなく
    それが理由でガンガン減薬していました。
    超低用量になってもほぼ影響がなかったので思い切って休薬してみたら
    数値が下がり始めちゃいました。

    減薬・休薬って怖いですよね。
    うちは巨大食道発症時に手がつけられない状態になって
    すべての薬を1週間近く休薬せざるを得なくなった事があったんですが
    その時はいろいろ覚悟しましたね~。
    幸い下がるどころか上がったので安心を通り越してびっくりしましたが。
    ほんとこの病気は読めないです…。

    そうそう、数値の悪さ≒普段の様子なことありますね。
    特にうちの場合、食欲はアテにならないな~と感じています。
    先日の診察の時に聞いたんですが先週末に急患の子がやってきたらしいんですが
    そのときHt7%で、家ではギリギリまでしっかり食べていたらしいです。
    残念ながら来院時にはDICを起こしていて助からなかったそうですが…。
    この病気、他に悪いところがなければ最後まで食べられる事が多いとは聞いていますが
    長年、病気=食欲が無くなる、と思っていた私にとっては発覚当時は青天の霹靂くらい
    驚きました^^;
    今はそういう病気だと分かっているので血色、呼吸の深さ、普段の行動、体重の増減、食欲など
    総合的に見て普段と違うな、と少しでも感じたら病院へ行くのがベストだな~と思っています。
    特に安定してくると通院間隔が空いてくるので注意が必要かもですね><

    ここ最近ようやく真夏の暑さから解放されて過ごしやすくなりましたね^^
    フラマロちゃんたちはコートが厚いからだいぶ楽になったでしょうね。
    うちは夜間は特にくっつきタガリータになってます(笑)
    ふらりんさんもお体ご自愛くださいね^^

    とこさんへ

    とこさん、おはようございます。
    ダブルパンチでもへとへとなのにトリプルは想像を絶します~~~><
    そうそう、決めなきゃいけない事、考えなきゃいけない事が目白押しで
    ひと息もつけずだいぶ精神的に参っていました。
    幸いみかんの手術はわたしの希望だけでなく医師の診断でも回避になりましたし
    うにもとりあえず反応があったのでちょっと心の余裕ができました。
    いままでステロイド様にはさんざん裏切られてきたのでドキドキで
    いよいよアラバを併用する決心までしていましたが何とか今のところ回避出来てホッとしています。
    まぁ~~~明日の検査でまた下がっていれば次こそ使用せざるを得ないと思いますが^^;
    家庭でヘマトが測れる機械があったらほんとにいいですよね~~~~!
    毎日のドキドキ不穏な空気が少しは緩和されそう♪

    歯茎の腫れもずーっと続いていましたがステロイド休薬に合わせてダラシンも切ってからは
    歯磨き回数をかなり落としていることもあってか今のところ何とか平常を保ってます。
    触らぬ神にたたりなし状態です(笑)
    ちなみにフラジール(アスゾール)は先生が歯科目的で使った事が無いため
    躊躇していらっしゃるようで、効かなくなるまではダラシンを使う事になりました。
    長い戦いになりそうですからあれこれ使って下手に耐性菌を作るのも怖くて^^;

    あっちを立てればこっちが立たず、まさに感じています。
    今のところ肝臓・腎臓に異常は無いのですが飲水量の増加が一番困ってます。
    巨大食道の管理が難しくなってほぼ24時間その辺にごろ寝しないよう
    目を光らせる羽目になってしまって。
    うにもずっと体位を監視されてしんどいんじゃないかな~。
    自分の好きな格好で寝かせてあげられないのは見ていても不憫です。

    そうそう、この病気の難しさは個体差が激しい事ですよね。
    うちもステロイドとガンマガードがほとんど効かなかったとき、
    巨大食道を併発したときは本当に悩みました。
    あっさりステロイドだけで数値が上がる子もいるのになんでうちの子はそれじゃダメなのって
    精神的にかなり参りましたね~^^;
    ある程度基準となる治療法が確立されていますけど
    すべての子に当てはまるわけじゃないのが怖いところです。
    そうなるとあとは医師の経験値と飼い主の熱意頼りですもんね。
    はぁ~~~難しい。
    でも、うれしそうな顔でご飯をほおばるうにを見ていると
    なんとかここまでだとりつけて、頑張って良かったなぁとは思います^^
    この笑顔を守るためにまだまだ頑張らなくちゃですね。
    つらつらと話している(書いている)うちに初心に立ち返ることができた気がします。
    とこさん、ありがとう^^
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。