カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新記事
プロフィール

hiro

Author : hiro
夫+犬の二人三匹暮らし。大分県在住。
犬、ガーデニング、バラ、写真、
大人から習い始めたピアノのことなどをつづる全部入りblog
コメント歓迎(*´∀`*)FBでも近況up中☆

もふ x 3
うに
うに
Mダックス Red ♂(去勢済)5.1キロ
賢いけど、ちょっとネクラ(笑)
もふ隊を強力に束ねるこわ~い兄貴分。
2002年3月17日大分市生まれの13才。
'13年5月 免疫介在性溶血性貧血発症
'13年6月 巨大食道症発症

みかん
みかん
Mダックス Red ♂ 6.1キロ
レトリーブ、水泳大好きのタフガイ。
2003年4月14日大分市生まれ。
うにのハトコで渋みが微塵もない12才。
'09年10月 進行性網膜萎縮症発症
'13年 8月 椎間板ヘルニア発症

はっさく
はっさく
Mダックス Black & tan ♂ 7.2キロ
飛び出すと戻って来ない弾丸ボーイ。
庭荒らしの常習犯w
2009年7月18日福岡市生まれ。
若さ爆発な5才。
カテゴリ
過去log.
検索フォーム
リンク * IMHAと闘うおともだち
リンク * わんこ
リンク * ガーデニング
リンク * ピアノ
my favorite sites
  • DOG COMMUNE*(犬雑貨)
  • bee+bee(犬雑貨)
  • Happiness*Dog(犬雑貨)
  • 小邦寡民(café@大分)
  • しあわせなしっぽ
    (ボランティア団体@大分)
  • Fragrance World
    (有島先生のバラブログ)
  • -バラと暮らす日々-
    (キムタクてんちょのバラブログ)
  • バラの庭づくり oakenbucket
    (オークンバケットさんのバラブログ)
  • KRess Room(KYOさんのEU情報)
  • gremz☆5本目
    ひっそりとランキングに参加ちう
    気が向いたら応援ぽちください(^O^)ノ
    にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

    にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ



    タグ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    鍵盤調整

    午後から調律師さんに我が家のピアノの
    鍵盤の重さを調整してもらうことになっていたので
    レッスン後ダッシュで帰宅し家を片付け。

    鍵盤の重さは去年の7月に調律してもらった際
    結構重かったので腱鞘炎になるのもなぁと思い
    軽くしていただいたのです。
    しかし、他のピアノを弾く時、鍵盤が重いと特にピアニシモの時
    スカっと音が出ないことがあってこれは家のピアノの
    鍵盤が軽いから指の力がついていないのかもと思っての今回の調整です。

    13時ごろお見えになり、上前面の板を取り外した状態で
    ジャズをポロポロと弾き始めました。
    (この方、ギターのセミプロでピアノはジャズを
    かじってらっしゃるんだそうです。ピアノも相当な腕前)
    驚いたのはその音。
    私のピアノはアトラスというメーカーの
    120センチの小型アップライト。
    音も高く、キラキラしたカンジなのですが
    私はそれがちょっと気に食わない。
    もっとまろやか~なのが好きなのです。(贅沢!)
    でもおんなじピアノを調律師さんが弾くと、
    とってもいい音が出る!!
    えぇぇぇ~っととても驚きました。
    (いや、もちろんこのピアノにしてはって意味ですよ。
    いいピアノと比べちゃいけません^^;)


    弾きながら「全然悪くないよ、重くすると逆に
    ピアニシモが出なくなるよ」とのこと。
    なんと鍵盤が軽い方がタッチに気をつけるので
    ピアニシモが出やすくなるんだとか。
    重い鍵盤にすると乱暴なタッチになりやすくなるんだそう。
    ほぉ~、そうだったのですね

    我が家のピアノはこのタッチでとてもいい状態なんだそう。
    (わからないところがまた素人なのですよねぇ~^^;)
    今年は4月に調律してもらっていたのですが
    日中ワンコロズのためにリビングのエアコンつけっぱなし
    (でも27~8度にしてますよ♪夜間はオフ)湿度計を
    こまめにチェックしたのが功を奏したか、梅雨も猛暑もなんのその。
    設置後2年目になり、ピアノが落ち着いたこともあるようですが
    音は全然狂ってないし、楽器全体がとてもよく鳴っている状態だから
    触りたくない、と言われてしまいました。
    (でもやっぱり私には良くわからないw宝の持ち腐れ?笑)

    その調律師さん曰く「どのピアノも同じタッチにしてしまうんじゃなくて、自分がどんなタッチのピアノでも、そのピアノにとって一番いい音を出せるようにしたほうがいい」と。なるほど、そうなんですねー!我が家のピアノを美しく弾いてくれた調律師さんだからとても素直に受け止められました。いつか私も自分のピアノを鳴り響かせるようになりたい。つい先日まで大きいピアノに買い換えたい!と本気で思っていましたがちょっと考え直しました。「もっとピアノを愛してあげて」と言われ、反省しきりです。

    その後しばらくおしゃべりし、「ピアノは職人技なのだから才能もあるけど努力が一番。頑張って!」と励ましてもらい、市外から来てもらってるのに出張料も取らず、お帰りになりました。はぁ~ほんとうにいい人!!

    納品の時、ピアノに不具合があって、楽器店所属の調律師さんの怠慢な仕事振りが頭にきて、たままたこの方にご縁が出来たのですが、災い転じて福となす、ってまさにこのこと。この方と出会えたおかげでピアノライフがますます充実したものに感じます^^

    Comment

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。